「やばい!高血圧だ!」となる前にアダラート!

アダラートは、高血圧だけでなく狭心症にも効果が?

血管の収縮作用には、カルシウムが関係しています。
血管にはカルシウムの受容体があり、カルシウムが血管内に入ると血管を収縮させるようはたらきます。
そして、血管が収縮することにより、血圧が上昇します。
アダラートは、血管にあるカルシウム受容体を阻害することにより血管が収縮するのを妨げ、高血圧を改善する薬です。
このようなカルシウム受容体を阻害するはたらきを持つ薬は、カルシウム拮抗剤と呼ばれます。

アダラートが血管の収縮を防ぐのは、末梢血管だけではありません。
心臓を栄養する血管である冠動脈の血流が悪くなると、心臓の機能に影響があらわれます。
冠動脈の血管にカルシウムが流入すると、冠動脈が収縮します。
狭心症を防ぐための一つの方法として、アダラートなどのカルシウム拮抗剤の服用が考えられます。
カルシウム受容体を阻害することで、冠動脈の収縮が抑制され、血流が改善されます。
これらのはたらきにより、狭心症の予防や改善が期待できるのです。

アダラートは、もともと狭心症治療薬として開発されたという経緯があり、カルシウム拮抗剤の中でも、特に冠動脈に対して作用する薬であるといわれています。
狭心症や高血圧の治療に有効であるとされるアダラートですが、どんなに効果的なものであっても、副作用が絶対にあらわれないという薬はありません。
アダラートは、服用後に頭痛や顔面紅潮・めまい・動悸などの副作用が出現することがあるといわれています。
アダラートの服用に関しては、かかりつけ医や薬剤師と相談し、決められた飲み方・量を守って服用するようにしましょう。
また、服用後に体の異変を感じた場合には、すぐにかかりつけ医に相談するようにしましょう。